世界を股にかけるパートタイマーと呼ばれたフリーランサー 。くまてつのブログ

中国出張アドバイザー!BLOG

ライフハック?工夫?

Taskuma(たすくま) 1日目 どう考えても時間の収支が赤字なので時間の家計簿「Taskuma(たすくま)」を購入

投稿日:2019年4月1日 更新日:

Photo by Matheus Bertelli from Pexels

くまてつ@多足のわらじです。

わたしは復業の鬼でして、いつもいろいろな人といろいろな仕事をしています。

公開できるところだけでも以下の通りです。

  • 中国の言語スクールの日本語グループ主任
  • フリーの日本語教師
  • フリーのWEBライター
  • ブロガー
  • バイヤー
  • フリーの翻訳者
  • 通信制大学の4年生

これ以外にも肩書きといえるのかわかりませんが、こういった側面もあります。

  • 夫(家族は妻と猫一匹)
  • 海外生活者(2015年から中国生活)
  • 糖尿病患者(2007年から糖質制限にてコントロール)
  • 永遠のダイエッター(毎日60分は歩きたい)

さらにこれから増えてきそうなこととしては

  • 中国の補習校の先生(内定をもらっていますが、詳しいことはこれから)
  • 日本語教育能力試験の受験生

さらにはここでは公開できない他のことも抱えています。

これら全部を大事に思っていますし、きちんと処理したいと思っているのですが、残念ながら1週間は7日しかなく、1日は24時間しかなく、1時間は60分しかありません。

つまり1日は1440分しかなく、1週間は10080分しかないんです。

さらに1日7時間は寝たいと思っているわたしには活動できる時間はなんと「7140分」しか残されていません。

そんなわたしがMacのカレンダーに予定を書き込んでいって気がついた事は「このままでは破産する」ってことです。

仕事には拘束時間があります。また大学は通信制とはいえ決められたスケジュールがあり、それにそって講義を受け、復習し、レポートを書く必要もあります。

これらの予定をすべて書き込んでいくと、空白がなくなるってことに気がついたんです。

言い換えると、もう寝る時間を削るしか方法がないとう状況に追い込まれていることに気がつきました。

そういえば、ブログも更新できないし、ウォーキングにも出かけられない。

ストレスからか眠りも浅く、疲れがとれにくくなっている。

この状況をどうにかしないといけない。

それで負債を解消するためにどうすれば良いか!

まさか大学で受けた講義「ファイナンシャル・プランニング」がここで役立つとは思いませんでした。

授業で学んだのは、

  • 負債解消で考えるべきは収入を増やすことを考えるのではなく、出費を見直すこと。
  • 出費を見直すために何にいくら使っているのかを確認する。
  • その出費が本当に必要かどうかを判断する。
  • 不必要な出費は原因ごと切り捨てる
  • 必要な出費にはしっかりコストをかける。

これは時間にも言えます。

時間は借りてくることができないので、実のところ金銭の管理よりシビアです。

というわけで、自分の時間出費を見直すためにどうするかを考えてみました。

簡単です。

それは時間の家計簿をつけることです。

ノートに書くことも考えましたが、手帳を使えないという問題があるわたしはすぐにこれを却下。

さらに今までに試したライフログ形のアプリも身につかなかったという理由で再使用は却下。

というわけで、今まで値段が理由で怖くて手を出せなかった「Taskuma(たすくま)」を購入することにしました。

高いアプリを買ったのだから使うだろうという縛りが通用しないわたしですが、3600円もする「Taskuma(たすくま)」を選んだ理由は

このアプリが

  1. ログを簡単にとることができる
  2. ログからタスクを作成できる

という一粒で二度おいしい感じだったからです。

というわけでサクッと購入してみました。

ちなみに「Taskuma(たすくま)」を買ってすぐに気がついたのは、iPhone SEでは画面が小さすぎて文字が読みにくい。設定が変えにくいってこと。

もし「Taskuma(たすくま)」にはまったら、「Taskuma(たすくま)」を快適に使うためだけにiPhoneを買い換えるかもなんて思ってしまいました。

というわけで、時間負債の解決になるのか?

使用経過を報告しつつ、改善状況についてご報告していきます。

くまてつでした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

くまてつ

重度のガジェットオタク。便利そうなモノに手を出して使いこなせないことが多いが、後悔もそれほどしない。翻訳者で日本語教師、そしてバイヤーという変な肩書きのフリーランサー。夢は死ぬまで現役。

-ライフハック?工夫?
-

Copyright© 中国出張アドバイザー!BLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.