世界を股にかけるパートタイマーと呼ばれたフリーランサー 。くまてつのブログ

中国出張アドバイザー!BLOG

ガジェットなど便利なもの ライフハック?工夫?

情報の流出を防ぐためにGsuiteを使ってすべてをGoogle様に預けることにしました。

投稿日:

くまてつ@機密情報です。

仕事柄、流出させたくない資料を抱え込んでいます。

特にフリーランスの日本語教師として仕事していたり、翻訳の仕事をしていたりすると、これが流出したら大変なことになるなって資料も手元で保管せざるを得ません。

それでどうやって資料を保管しましょうと調べてみたところ、自分の環境では「Google」様にすべての責任を押し付けてしまうのが良さそうでした。

環境としましては・・・

  • Gsuite
  • 専用端末
  • 中国で使うなら「Shadowsocks」または「VPN」
  • ネット環境

これでとりあえずは情報流出のリスクを基本的に避けることができます。

鍵は「Gsuite」です。

ではどうして「Gsuite」で情報を保護できるのかを説明していきます。

「ドライブ ファイル ストリーム」が使えるのは「Gsuite」だけ。

端末内に一切のデータを残すことなく作業可能

「ドライブファイルストリーム」とは、端末内にデータを残すことなくGoogleのドキュメントなどを管理できる超便利な仕組みです。

もちろんオンラインでしか使うことができませんが、オフラインである限り絶対にドキュメントやスプレッドシートの中身を見ることができません。

つまりPCに不正にアクセスされてもデータの中身を見ることはまず不可能ってことです。

これだけで安心感が違います。

GoogleドライブとGsuiteの違い

Googleドライブも便利なクラウドサービスです。

しかしわたしには便利すぎるんです。

Googleドライブを普通に契約して使い始めますと、オフラインでも結構できることがあり驚きます。

例えばオフラインでドキュメントを新規作成しておきますと、オンラインになった瞬間に同期されます。

オンラインで作業するとリアルタイムにデータは保管されていきますので、安心です。

そしてオフラインになっても作業を継続できます。

これに対してGsuiteは設定により端末に情報を全く残さずに済みます。

もちろんGoogleドライブだけを準備して、いつもブラウザから作業を行うようにすれば同じことですけど、意識せずに使用していていつの間にかダウンロードされていたとか、ローカルに保存されていたってことを「Gsuite」なら防いでくれます。

別の端末から強制的にログアウトも可能

「Googleドライブ」も「Gsuite」も同様に端末管理は簡単

Appleの製品も難しくはありませんが、端末の管理はGoogleのほうが簡単だと思います。

自分のアカウントでログインして、端末管理から強制的にログアウトさせてしまえば、手続きなしにクラウド上のデータに再アクセスすることはできません。

それで万が一、自分の端末を紛失したり奪わえたりしても損失は「端末」までで「端末の中身」に関しては理論上完全に守ることができます。

基本的に中国国内では「Google」のサービスを使うことはできない

それが安全に使える理由にもなる

ここではGoogleのサービスは基本的には使えません。

つまりGoogleが提供するサービスを使って作ったものや、管理しているものは特別な手続きなしには使うことが不可能です。

万が一、端末を失い、そして万が一パスワードが流出したとしても、特別な知識がなければネットに接続することができませんのでデータそのものにまでたどりつくことができません。

というわけで帰って安心とも言えます。

使うたびにGoogle系サービスにつなぐ手続きが必要だが・・・

それでも機密データを時代遅れのUSBディスクで管理したり、パスワードをかけて保存したり、それを解除して使ったりする手間を考えると、それほど面倒とは思えません。

またこれらの手続きを踏むことで、より安全な方法でネットに接続しますのでより情報が流出するリスクを減らすことができます。

ただ「Gsuite」は無料ではない。

残念ながらビジネス向けGoogleドライブは600円から

もちろんサービスには対価が求められます。

Gsuiteを使うのに最低毎月600円が必要です。

1200円のプランを選ぶと、ほぼ無限と思える領域をネット上に確保することができます。

そう考えると安い買い物のように思えます。

例えすべての端末を失ってもデータを普及できる

データを保全するために端末をすべて廃棄したとしても、損害は端末代だけです。

別の端末を準備してアカウントにログインしさえすれば、データにアクセスできます。

これは海外生活を行うフリーランサーである私にとって非常に便利です。

もちろん端末代は痛いですが、もっと恐ろしいのは取り返しのつかないデータを永遠に失うことです。

くまてつ的まとめ:安全と安心は無料ではない

すべてのものが保管されている安心感

この安心感は素晴らしいです。

たとえ外付けドライブに保存していたとしても、いつそれを失うかわかりません。

また壊れないともいえません。

しかしクラウドにあれば、とりあえずは安心です。

Google様がもしかしてやらかしてすべてのデータを失うことがあっても、その場合は諦めがつきますし、文句もいえます。

そしておそらくGoogle様がやらかすことはほぼないでしょう。

しかし自分が失敗することに関しては結構自身があります。

というわけでGsuiteをつかう安心感は素晴らしいです。

正しく保管されている安全感

Gsuiteを使うことでデータが流出するリスクをかなり減らすことができます。

携帯を失った友達が言っていましたが、携帯がなくなったことより、その中に入っている個人情報の扱いのほうが心配だったそうです。

設定だけきちんとしておけば、そのような心配とサヨナラできます。

ネット環境さえあれば、すべての情報を瞬時に端末から削除できるからです。

また端末自体もネットにつながっていなければ、情報を確認できません。

これもすばらしいです。

というわけで、情報流出のリスクが高い環境で、保護したい情報を扱うならGsuiteがおすすめです。

でも、わたしの場合、Gsuite導入にあたりただGoogleと契約するだけではすみませんでした。

その理由は今後説明します。

くまてつでした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

くまてつ

重度のガジェットオタク。便利そうなモノに手を出して使いこなせないことが多いが、後悔もそれほどしない。翻訳者で日本語教師、そしてバイヤーという変な肩書きのフリーランサー。夢は死ぬまで現役。

-ガジェットなど便利なもの, ライフハック?工夫?
-, ,

Copyright© 中国出張アドバイザー!BLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.