世界を股にかけるパートタイマーと呼ばれたフリーランサー 。くまてつのブログ

中国出張アドバイザー!BLOG

ガジェットなど便利なもの

MacdownからTyporaに乗り換えた理由

投稿日:2018年4月7日 更新日:

IMG 4983

くまてつ@フリーランサーです。

最近、マークダウンにより記述法への愛にあふれてしまい、すべてのメモをマークダウンにて残すべきではないかと本気で考えています。

そんなわたしがMacdownを使い始めて2日目に、乗り換えたのがTyporaです。

Windowsでも使えて、Macでも使えるTyporaのどこが気に入ったのかをご紹介します。

Typoraのツールバーがとっても便利

余り使わないけど、たまに使うデザインをツールバーから引き出せる

Typoraのメニュー

見出しとか、段落、そしてリストなどは毎日使う機能なので、そのうち覚えます。

でも表組みとかはそれほど使用頻度も高くなく、使わないとすぐに忘れてしまう機能です。

Typoraを使えば本当に簡単、ツールバーから表を挿入するだけで思い通りのデザインを完成させることができます。

表だけではなくて、引用やタスクリストなどもマークダウンの記述方法を覚えていなくても全く大丈夫です。

記憶力がマイナスなわたしにとって、覚えなくてもなんとなく使えるって言うのは非常に大事です。

Typoraの見た目が好みだった

全画面表示にすると、書くことに集中しやすい。

スクリーンショット 2018 04 07 21 30 46

全画面にウィンドウを広げてしまえば、必要のない情報が目に入ってきません。

こうすることで書くことに集中しやすくなります。

ポメラで文字をガンガン打つのも好きですが、後で見出しを指定したりするのはとっても面倒です。だからといって様々な情報が飛び込んでくるのも嫌だったのですが、Typoraの全画面表示はとってもシンプルで使いやすいです。

段落の文字がグレーなのも良い!

テキストが墨100%というのは強すぎます。

それでグレーにわざわざするのが好きなのですが、Typoraは最初から段落はグレー表示です。目に優しくて見ていて気持ちが良いです。

道具ですから、使い心地が非常によいというのは大事です。

プレビューできるのに、プレビュー画面がないのが素敵!

入力し終わり、改行すればすぐにプレビュー!

見出しの「#」や、太文字の「**」などを指定して、改行すればすぐにプレビューになります。

記号が目に入らず、自分が作った文を、紹介したいデザインで確認できるのは素敵です。

もちろんMacdownにもプレビュー画面がありますが、プレビューは別画面での表示になり、左右の目の移動が面倒くさい。

動作スピードもどうやらTyporaに軍配!引っかかりなし。

そして、ここまでテキストを打ち続けて気がついたのですが、Macdownにはもたつきを感じましたが、Typoraは非常にサクサクと動作します。

使っているPCはMacbookProとLenovo X270(Core i7 メモリ16G SSD)でそもそも遅いはずもないマシンたちですが、MacでのMacdownはたまに反応が鈍くなることがありました。

軽いってことはとっても大事ですね。

くまてつでした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

くまてつ

重度のガジェットオタク。便利そうなモノに手を出して使いこなせないことが多いが、後悔もそれほどしない。翻訳者で日本語教師、そしてバイヤーという変な肩書きのフリーランサー。夢は死ぬまで現役。

-ガジェットなど便利なもの
-, ,

Copyright© 中国出張アドバイザー!BLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.