【フリーランスな生き方】今できるのであれば今すぐすることを徹底するー小さなタスクの場合

Fullsizeoutput 895

くまてつ@フリーランサーです。

基本的にはすべてのことを後回しにする性格です。

しかし、そのわたしが自分で仕事をするようになって気がついたことがあります。

それはどんな仕事も始めてしまえば、思っているよりも早く終わるってことです。

また当然ですが、どんな仕事も始めなければ終わらないわけです。

ですから出来るなら今すぐ仕事に取りかかる方が良いんです。

というわけで、まずは「簡単な仕事」を今すぐやるべき理由を説明します。

やらなくてはいけないことがあるという不安はエネルギーを奪う。

モヤモヤとした気持ちから逃れる方法とは

あれもしたい!これもしたい!とやりたいことがたくさんあるときはワクワク感があります。

でも、あれもしなければ、これもしなければと思っているとエネルギーが奪われて、とりあえずテレビでも見るかと簡単に現実逃避の方向へ向かいます。

整理されていない、なんともいえない焦燥感を消し去る方法は現実逃避でないことをわかっているのですが、なかなか正しい方向に進むのは難しいです。

でも正しく進むコツもあります。

というわけで、今回はそのコツをご紹介します。

それはGTDの「2分ルール」を活用することです。

詳しいことはGTDで検索してください。本を買わずともネットに大量の情報があります。

GTDの教えの2分ルールは結構凄い!

2分ルールとは2分以内で終わることは「今すぐやる」というもの

これは非常に理にかなっています。

この2分以内でする仕事をリストに加えたり、いつ、どうやるかを考えている間に2分は過ぎます。

例えば、メールの返信をすることとか、消耗品をネットで購入することなどはすぐに行えます。

こういったことは今すぐやってしまうと気が楽になります。

2分とは概念上のもので「すぐ終わる」ことを「すぐやる」という意味

もちろん2分ではなくて3分かかるものもあると思いますが、とにかくリスト化するまでもないことを今すぐやるということを徹底するわけです。

iPadを充電器に刺していないことを思い出したら、すぐに指すのと一緒です。

充電器を出してきて、iPadをとりつけ、ふさわしい場所に放置するのに2分はかからないでしょう。

でもこれを今しておくと、後の仕事のはかどり方に大きな影響を与えます。

それでとにかく今すぐやることを徹底するわけです。

1時間もあればほとんどの細かい用事は終了します。

現実逃避してドラマを見る、もしくはどうても良いことに時間を使っている間に、ほとんどの細々とした用事を終了できます。

その後、すがすがしい気持ちで余暇を楽しんだ方が良いと思います。

でも、すぐに行えないこともたくさん出てくるかもしれません。

その場合は、いつかやる、もしくは状況が変化したらやるという所にそれを押し込んでおきます。

「今はやらない」「状況が整ったらやる」リストは精神安定剤!

「今はやらない」つまり保留リストはとっても良い!

正確に言うと、今はしないことに決めた事柄のリストです。

ここにはやるべきことなんだろうけど、気が乗らないことをすべて保管します。

私の場合、ここに登録された事柄のほとんどがそのままゴミ箱へいきます。

でも、それで良いんです。

気になる案件を処理したと思うことが大切なのですから。

「状況が整ったらやる」リストは目標とも関係がある。

今は事情があり行えないことなどもあります。

それはここに入れておきます。

時々見返しては、状況を整えるために何が出来るかを考えたり、もっと他の方法がないだろうかなど考えたりします。

そうすると、ただ出来ないということではなくて、出来ない理由が明確になり、安心します。

また結構できない理由が自分ではなくて外的なものであることに気がついたりします。

こちらのリストに入っていることに取りかかれることもそうそう多くはありませんが、達成できると嬉しいモノです。

これらのふたつのリストを作成し、整理するのは精神安定の作用があると思います。

というわけで、24時間を効率よく使えば、残りは全部自分のモノにできるフリーランサーにとって今すぐ仕事を行いすっきりするのは初級テクニックです。

参考になれば幸いです。

くまてつでした!


PAGE TOP