新機種発表後にMX Anywhere2 MX1500 マウスが届いたよ。

MX ANYWHERE2

くまてつ@フリーランサーです。

仕事で、MacBook ProとSurface3を持ち歩いて使い分けています。

しかし最近肩こりもひどく、移動距離も伸びてきているので、できればMacBook Proだけにしたいなと思ったりもしています。

もしMacBook ProにBootCampでWIN10をインストールした場合、マウスの切り替えが簡単だといいなと思って探して見つけたのが、MX Anywehre2 というマウス。

通常1万円ほどする高級マウスですが、レビューを読む限り、わたしの選択肢はこれしかないってことでアマゾンで購入しました。

Logicool ロジクール MX1510ST MXAnywhere2 ワイヤレスモバイルマウス BluetoothSmart・USB接続 Windows/Mac OS 対応

Logicool ロジクール MX1510ST MXAnywhere2 ワイヤレスモバイルマウス BluetoothSmart・USB接続 Windows/Mac OS 対応

posted with amazlet at 17.06.09
ロジクール (2016-11-02)
売り上げランキング: 85

ではわたしがこのマウスを購入した3つの理由をご紹介します。

1:小さくても高機能!高速スクロールが気持ちいい。

小さくてもフラッグシップモデル。

基本的なマウスの機能が素晴らしいのは当然こと、ジェスチャー機能など作業効率をアップさせる仕組みがたくさんあります。

覚えきれないほど多機能なので、覚えていないのですが、

持ちやすさと、高速スクロールだけでも買って良かったと思えます。

スクロールホイールを弾くと高速スクロールします。

これが便利です。

2:3台のパソコンで切り替えて使える。

このマウスは外出時に使う予定です。

というわけで、使う可能性があるのがMacBook ProとBootCampでのWIN10、さらにSurface3です。

これを使い分けるのにマウス側で簡単操作できるのが購入理由となりました。

マウスは同時に使うものでないし、パソコンを入れ替えるたびにマウスも入れかえるなんてナンセンスです。

3:電源ボタンがある

外出時に使うわけですから、使わない時には電源を切って置きたいわけです。

この点で、このマウスは良い感じです。

マウスの裏側

後ろにクリック感のある電源ボタンがあります。

今までマイクロソフトのデザイナーマウスを使っていましたが、いつの間にか電源が入っていたりして困っていました。

でもこれならそういった問題は生じないと思います。

6月15日に新機種発売のニュースも流れましたが、外出時にのみ使う用途ですから、旧機種でも一向に構いません。

むしろ少しお買い得だったので良かったと思います。

Logicool ロジクール MX1510ST MXAnywhere2 ワイヤレスモバイルマウス BluetoothSmart・USB接続 Windows/Mac OS 対応

Logicool ロジクール MX1510ST MXAnywhere2 ワイヤレスモバイルマウス BluetoothSmart・USB接続 Windows/Mac OS 対応

posted with amazlet at 17.06.09
ロジクール (2016-11-02)
売り上げランキング: 85

さ、ばりばり仕事頑張ろう。

くまてつでした。


PAGE TOP