ソースネクストであの「ロゼッタ・ストーン」が81%オフの税別4980円。というわけで買ってみた。

中国の町並み

外国語教材マニア。くまてつです。

最近は日本語教育に関する本を買いまくっています。

すでに20冊以上あり、暇さえあれば読むという毎日です。

いやはや日本語は奥が深いというか、どの言語も興味深いですね。

そんなわたしに定期的に訪れるのが、英語と中国語をどうにかいないといけないという不安という波です。

これは簡単に克服できます。

方法は「良さそうな教材を買ってしまう」ってことです。

お金を払うとなんだか勉強した気になって、安心するんですよね。

まったく解決法になってはいないのですが。

というわけで、今回はソースネクストが発売したロゼッタ・ストーン ダウンロード版の英語と中国語を購入してみました。

2017年3月31日まで81%オフ!まとめ買いならさらにお得。

トップ | ロゼッタストーン(RosettaStone)|ソースネクスト

それぞれ税別4980円です。

ちなみに2カ国語以上、同時に購入すると1,000円値引きしてくれるそうです。

ソースネクストさんから届いたメールによれば支払価格はこうなります。

■注文内容
ロゼッタストーン 英語(アメリカ) ダウンロード版     1個     ¥4,980
ロゼッタストーン 中国語(マンダリン) ダウンロード版  1個     ¥4,980

小計        ¥9,960
消費税     ¥796
キャンペーン適用 割引額       ¥-1,000
合計        ¥9,756

パッケージ版ではありませんので、そこは注意が必要?

このソースネクストが販売するロゼッタ・ストーンはダウンロード版です。

ダウンロードするさいにWindows版かMac版かを選ぶことができます。

今回はmacOS版をダウンロードしましたが、その大きさはそれぞれ2.5GBもあり、中国のわたしの回線ではそれぞれ3時間ほどかかりました。

中国では、回線速度と安定性がないとダウンロードできないかもしれませんね。

まあ、日本国内なら問題にならないと思いますが。

くまてつ的まとめ:使い勝手は少しづつ検証。語学は地道なトレーニングが必要だけど・・・

外国語を読むだけなら辞書や参考書を調べつつ対応できる。

外国語の文献や表示を理解するだけで良ければ、辞書さえ持っていればなんとかなります。

時間がかかるだけです。

しかし話すとか書くとなると、そういうわけにはいきません。

アウトプットするには膨大なインプットが必要になります。

わたしは仕事で中国語を学習している日本人に中国語でスピーチすることがあります。

その際に、彼らはくまてつさんの中国語はわかりやすいですとよく言ってくれます。

しかし、これはわたしの中国語が上手だからではなくて、彼らが知っている単語しか使っていないがために生じている現象です。

おそらく同じスピーチを聞いている中国人は、小学生が話すようなスピーチをしていると思っているはずです。

つまりインプットが足りておらず、よりふさわしい語彙を使って会話するができないために、比較的に容易な語彙のみを使いまわしているわけです。

この状態は初級の終わり、もしくは中級の初めのレベルだろうと思います。

というわけで、さらに外国語を学ぼうと思うなら、そして脱中級を目指すなら、インプットが必要です。つまりより高度な語彙や言い回し(文法)を身につけるってことです。

言語の進歩にはトレーニングが不可欠!

わたしの中国語の先生であるG氏は、音読はジョギングのようだといつも言っておられました。

そして最善の方法は聞くと話すがセットになっているシャドーイングだとも言っておられました。

ロゼッタ・ストーンについてなんの深い知識もなく購入しましたが、自称中国語中級者、そして英語初級者のわたしにとってどんな教材なのかが楽しみです。

ダウンロード終了まであと40分。

試したあとレビューしますね。

くまてつでした。


PAGE TOP