ブロンプトン(brompton)のフレーム保護のためにちょっと細工をしました

IMG 2308

くまてつ@中国です。

最近、雨もしくは曇が続いていて、なかなかブロンプトンに乗れずにいます。

いまわたしが住んでいるマンションは郊外にあり、雨が降れば逃げ込む場所もなかなかないので、不安定な天気だと、自転車で出かけてみようという気持ちが失せてしまいます。

せっかく購入したのだからとも思いますが、まあ本格的に乗り込む前に準備だけしっかりしておきたいと思います。

今回は自転車のframeのすり減りを防止するために、ケーブル側とフレーム側に対策をしておきました。

これでガシガシ乗っても大丈夫なはずです。

では、簡単にご紹介しますね。

ブロンプトンのフレーム保護のために購入したもの

ケーブル側への対策に購入したもの

これが約800円は高いと思いますが、他に適当なものが見つけられなかったので仕方ないです。

形状はスパイラルになっていますので、ケーブルを外して通すなどの面倒な作業は必要ありません。

フレームに接触するかなと思う場所に巻きつければ完成です。

スパイラル形状

4個入りですが、わたしの外装2速のブロンプトンの場合、9本ほど必要でした。

IMG 2333

このようにボディに接触しているケーブルに巻きつけておきます。

そうすることで、比較的柔らかい素材にてケーブルとフレームの間を保護することが出来るってわけです。

色は黒にしておけば、ほとんど目立つことはないと思います。

ボディ側の保護に購入したもの

本当は3Mのこの保護テープがほしかったのですが、納期の関係で諦めました。

恐らくこの量ですと、使い切ることはないと思います。自分の必要に合わせて切ってもいいですし、張替えも楽です。

艶消し塗装には貼り付けることはできませんが、クリア塗装を保護するという点では無敵でしょう。

納期の関係でとりあえず購入したのがこちら

専用品は割高で使いにくいです。

でもいちどフレームに傷が入るとどうしようもありませんので、仕方ないです。

とりあえずこれを貼っておきました。

IMG 2339

写真ではわかりにくいですが、ケーブルが接触しているところに楕円形の透明なシールを貼っています。

これによりフレーム側を保護しているってわけです。

他にもリアブレーキとリア変速機につながるケーブルがボディに接触していますので、そこにシールを貼っておきました。

これにて心理的には一安心です。

これでブロンプトンに乗らないという言い訳ができなくなった気もしますが、乗るために購入したわけですからそれで良しとしましょう。

くまてつでした。


PAGE TOP