ブロンプトン(brompton)のキャリアに付属しているタイヤが回らないので対策してみた

ブロンプトン乗り。くまてつです。

香港で購入したブロンプトン。

中国までバスと地下鉄を乗り継ぎ、その後は自走して、さらに公共交通機関に乗り換えて、大旅行のすえ持ち込んだのですが、その時にキャリアに付属しているタイヤの動きが渋いことには気がついていました。

どうしてキャリアのタイヤがスムーズに回転しないのか?

当初はこれが仕様なのだろうと思っていたのですが・・・

でもまあ、そんなものだろうと気にしていなかったのですが、今日リアテールランプの交換時にもう一度確認してみると、タイヤの回転が渋いのではなく、キャリアにタイヤが接触しているのでタイヤがスムーズに回転できずにいることに気が付きました。

IMG 2323

問題になっているには左側のタイヤです。

キャリアにタイヤの左側が接触しているので、回転が妨げられています。

すでにタイヤがフレームとの摩擦により削り取られ、内側には削れたゴムが付着していました。

取り付けボルトの穴にの精度が悪く、車軸が車体側に傾いているのが原因なのかもしれません。

とはいえ、タイヤがすり減りきって車体と接触しなくなるまで待つ必要もないので、すこしだけ調整しておきました。

調整後はスムーズに回転するようになりました。

IMG 2325

リアキャリアに取り付けられているゴムバンドを内側に移動させて、クリアランスを確保しました。

これが正しいのかどうかはわかりませんが、とりあえずタイヤはスムーズに回転するようになったので問題なしとします。

まさかこれだけの調整のために香港まで出向いていくのも無理ですので、とりあえずこの方法で様子を見たほうがよさそうです。

実際にこのタイヤを使って長距離移動することはないと思いますが、もしかするとそういう事態も発生するかもしれませんので準備しておくことができるならそれに越したことはありませんね。

皆さんのブロンプトンは問題ないでしょうか?

くまてつでした。


PAGE TOP