老化に逆らうべくGOSSO(ゴッソ)にて鼻毛を一網打尽にしてやった話

くまてつ@中国です。

ここ中国での悩みのひとつは鼻毛処理です。

いきなり鼻毛の話ですいません。

まあ、親からはへそから下の話はするもんじゃないと教えられましたが、鼻毛は顔の真ん中にありますのでブログに書いたところで問題ないと思います。

日本にいた時も当然鼻毛は伸びてきました。

すでにアラフォーに入り、まもなく卒業のわたしが鼻毛なんて飛び出しているものなら、おっさん臭さもマックスとなるわけで気にしていました。

そんな中、去年わたしの盟友Mi氏がおみやげにとくれた「GOSSO(ゴッソ)」

これなら鼻毛どもをまさに一発除去できるのですが、痛くないはずもなく1度使ったきり放置。

しかし、2017年の仕事はじめの今日、飛び出す鼻毛に気が付き、出かける前に一本逝っときました。

GOSSOのパッケージに偽りなし!鼻毛がこんな風に抜けますよ。

ゴッソ gosso

ええ、すごく簡単です。

レンジでチンして、棒につけて、鼻にツッコミ引き抜くだけです。

トータル5分もかかりません。

結果ですか?

ええ、まあ、それは、GOSSOです。

ごっそり抜けます。

今回、鼻の中心側、つまり穴と穴の間側に集中的に生えてきていたのですが、まさに一網打尽。

処理後は飛び出す気配などまったくありません。

しかし、このGOSSOのパッケージ。

処理は簡単と書いてはありますが、痛くないとは書いていないのが正直ですね。

毛をまとめて数十本抜くわけですから、痛くないわけはありません。

しかし鼻毛カッターで切るのと違い、徹底的に抜き取るので処理としては正しいと思います。

鼻の奥の毛までは処理することも出来ませんしね。

ある意味、安全です。

オススメは両穴一緒にやって、連続的に抜くことです。

わたしの場合、涙も少し出ました・・・

引き抜いた証拠が見たい?

いいえ、完全にグロ画像ですので、ご自分で購入して、処理したものを見てください。

自分の毛ならそれほど嫌悪感を抱かずにすみますし、むしろ「おお〜こんなふうに生えていたのか」なんて感心してしまうこともあるかもしれません。

GOSSOでごっそりしたあとは、鼻毛カッターでメンテナンスを忘れずにしておこうと思います。

この鼻毛カッターは二台目でして、お気に入りです。

では、よい鼻毛ライフを。

くまてつでした。


PAGE TOP