衝動買い。いいえ計算ずくです。MacBook Pro2016 Late 13インチにした理由。

くまてつ@中国です。

今回、わずか5日だけでも日本に帰りたかったのは、2014年に購入したレノボE540がブルースクリーン連発し始めたからでした。

レノボE450の性能になんの不満もなかったのですが、仕事で使う道具がトラブル続きなのは困りますし、液晶が美しくないのは気に入らなかったので、喜んで新しいMacBook Proを購入することにしました。

MacBook Pro 2016を購入するにあたりネックになったのは?

それはお値段だけです。

最初に自分でパソコンを買ったのは20歳の時、あのときもappleでした。

総額60万円で、3年ローンで払いました。

それに対してパソコンはどんどん安くなり、2012年にMacBook Air13インチを購入した時は9万円程度だったように思います。

それが、今回のMacBook Pro。

13インチなら24万円ほど、15インチなら30万円程度。

フリーランサーのわたしにとって、ハイそうですか。構いませんと出せるお値段ではないです。

でも日本に帰る前には15インチのMacBook Proを吊るしで買うつもりでいたのですが、心の奥底では本当にそれで良いのかという疑念が消えませんでした。

そうこうしているうちに、在庫はどんどんなくなり、結局MacBook Pro15インチの512ギガバイトモデルのみ在庫ありとなり、これに背中を押されることになりました。

購入したのは福岡のappleショップ。

場所は国体通り、エディバウアーから警固神社方面に進みます。

現在海外生活で車がないわたしにも行きやすい場所ですね。

appleショップ 天神

世界のどこにいってもappleショップの外観はだいたい同じですね。

お店には各種MacBook Proが展示されていて、在庫も潤沢。

これには驚きました。

在庫がないと言われていたのに、すべてのモデルが在庫していました。

というわけで購入下のはMacBook Pro13インチ512ギガモデル。カスタムなし

MacBook Pro13 箱

購入動機は決して思っていたより安かったからでも、衝動につき動かれたわけでもありません。

とはいえ店先で突然買うつもりだった15インチをやめて、13インチにした理由をご紹介します。

15インチではなくて13インチのMacBook Proを購入した3つの理由。

1:15インチは思った以上に重たかった。

今までわたしはSurface3とiPad Air2を持ち歩いています。

この取り合わせでは、重量はほぼ気にすることはなかったのですが、これにMacBook Proが加わると困ったことになります。

40肩が癒えた後、50肩を発症させるわけにもいかないわけで・・・

appleショップにて15インチのMacBook Proを試してみると、大きさは13インチのMacBook Airを一回り大きくしたくらいなのですが、重さはそうとうにズッシリきました。

ここでちょっとぐらりと来てしまったわけです。

2:悩んでいたのはメモリー容量。8ギガか16ギガか。

今後、動画の編集にも挑戦してみたいとのこともあり、メモリが8ギガでは足りないのではと心配していました。

しかしお店の人に聞いてみると、どの程度の動画を扱うかにもよるけど、8ギガでもおこなえないことはないってことでした。

まあ、本格的に作業を行おうとすると、MacBook Pro15インチでも十分とは言えないかもって判断しました。お店の人はそのあたりは明言できませんが・・・15インチなら快適とは断言できないとのことでした。

3:MacBook Pro13インチのサイズ感に惚れた。

結局はここです。

15インチも持ち歩くことはできると思いますが、やはりじわじわと大きさのデメリットのほうが大きくなってくるような気がしてきて、

13インチと比較させてもらって、やっぱり持ち歩くなら13インチかなって結論しました。

在庫もありましたしね。

というわけで、13インチのMacBook Pro、買ってよかった。

たくさんのレビューでも取り上げられている通りです。

2016年最後に買った高額商品ですが、使い始めて3日目で買ったよかったとますます思えてきます。

MacBook Air2012を買ったときも、これはとっても高いシステム手帳と思ったのですが、今回は価格的には2.5倍。

それでも、きっと元を取れると信じています。

詳しいレビューはおいおい書いていきます。

くまてつでした。


PAGE TOP