【飲み物編】中国と日本の物価の違いについて調べてみた

2017年3月16日

2015-06-30_16.25.35_Canon EOS M2

中国生活ビギナー。くまてつです。

先ほど日本に帰ると気がつくことをブログにまとめました。

この記事を読み返してみると、そういえば日本よりも断然に中国の方が安いものもあるなと気がついたので、さっそく記事にしてみることにしました。

その日本よりも確実に中国で買う方が安いものって言うのは・・・

ビールです。ダントツに安いのが「ビール」です。

大切なことなので2回言いました。

安いのはビールです。

中国でビールと言えば「青島ビール」です。

我が家のアパートの下にはスーパーがあります。

このスーパーでは瓶入り青島ビールは2種類売っています。

600ccの瓶で安い方は2.8元(49円)高い方は4.5元(79円)です。

日本で大瓶のビールって今いくらするのでしょうか?

調べてみました。

カカクコムにてキリンビールの大瓶は1本あたり314円です。

つまり価格差は高い方と比べると235円となります。

これは圧倒的ですね!青島恐るべし。

中国で売っている一番搾りの大瓶の価格は?

こちらでもスーパードライとか一番搾りを購入することができます。

ちなみに一番搾りの大瓶の価格は7.2元(126円)です。

これを日本の物を比べてみますと、その差額は188円。

やはり中国で購入するビールはとってもお安いってことになります。

さらに中国のサイゼリヤでは一番搾りを10元(175円)で飲むことができます。飲み過ぎに注意してくださいね。

コカコーラの価格も調べてみました。

中国のコンビニでコカコーラの500ccペットボトルを買うと?

4.5元です。これは約79円となりますね。

しっかりと100円を切ってきました。

中国のスーパーでコカコーラ500ccペットボトルを買うと?

2.8元です。これは49円となります。

さらに50円を切ってきました。安いです。

日本の場合はどうなるの?

コンビニで500ccのコカコーラを購入すると、160円に消費税で173円となるのでしょうか?

スーパーの場合は、ネットでの確認となりますが・・・

88円とか78円で売っているお店が多そうです。

そうなると差額はコンビニの場合は約94円、スーパーの場合は30円程度となります。

いずれにしてもコカコーラも中国で買う方が安いという結論になります。

ペットボトルの水ならどうなる?

中国で500ccの水を買うと?

たいてい2元です。高いところでも2.5元で購入できます。

ですから34円程度になりますね。

これはコンビニでもスーパーでもたいてい同じです。

日本で500ccの水を買うと?

恐らく70-100円の間になるでしょうか?

スーパーのプライベートブランドならさらに安くなるとは思いますが、一般のものと比較しますと40-70円の差額となります。

これも中国の圧勝ですね。

くまてつ的まとめ:飲み物は中国が安い。でも日本の一番搾りの方が美味しく感じる。

飲み物は中国のほうがお安いですね。

でもたいていのレストランで水は無料ではありませんし、無料であっても安全面から飲みたいと思えないのが中国の状況です。

ビールは瓶入りだから安全だよってアフリカで生活しているくまさんが言っていましたが、それは完全に同意です。

そして気のせいかもしれませんが、こっちの一番搾りより日本で飲む一番搾りの方が美味しく感じます。

生ビールもたまに見かけますが、日本で飲むものを期待すると味わいが違いますので、最近はよっぽどのことがないと飲まないようにしています。

ちなみに我が家の1階には冷えたビールが1,000本くらい保管されていますのでとっても便利ですよ。

毎回お金払わないといけないけど。

くまてつでした。


PAGE TOP