中国出張中のデバイスの充電に関しては心配ご無用。香港は要注意。

くまてつ@中国です。

今月は日本に帰る予定もなく、こちらで忙しくしております。

ところで、来週末に日本から来てくれる友人より、充電器は中国で買った方が良いのか?と質問されました。

答えから言いますと・・・

中国のコンセントの形状は日本と同じ形です。

正確に言いますと、形状は2つありますが問題ありません。

中国のコンセント

上側は日本と同じ形状のコンセントで、下側は三つの差し込み口があるタイプです。

ですから、この2つのタイプであれば問題なく使えますね。

しかし電圧の違いがあり、日本国内専用のものは使えません。

日本の電圧は100Vでして、中国は220Vです。

以前、効率の良さでは断然220Vで、100Vのデメリットをたくさん聞いたことがありますが、詳しいことは忘れてしまいました。

でも肝心なことは、日本専用の電化製品は世界のほとんどで使うことができないってことです。

いちおう、電化製品のアダプターを確認して100-240Vまで利用できるかを確認してくださいね。

日本からとある電化製品を中国に持ち込みたかったのですが、アダプターには100V専用と書いてありました。

これはさすがに中国では使えないなと、あきらめぎみで製造元に電話すると、

あっさりと「大丈夫ですよ」と言われてびっくり。

こういうこともありますので、もし心配なら問い合わせしてみた方が良いと思います。

ちなみにノートパソコンのアダプターやスマホの充電器などは世界中で使えそうです。

わたしが使っているのは、ANKERのUSB急速充電器です。

凄く便利で、我が家には2台もあります。

香港のコンセントは日本とは違いますからご注意ください。

でっかい穴が3つ空いているタイプのコンセントです。

香港のコンセント

香港で買った携帯に付いていたUSBチャージャーです。

まったく日本のコンセントと形状が違っていますので、絶対にそのままでは使えません。

わたしも香港のホテルで携帯が充電できずに困ったことが結構ありました。

香港のホテルでコンセントが使えない場合の裏技は?

ホテルに備え付けられているテレビのUSBポートを使って充電できますよ。

最近のテレビってたいていUSBポートがあります。

背面にあるので気づきにくいですが、ここにスマホの充電ケーブルを挿すことで、速度は遅いものの充電できることがあります。

覚えておきますと、寝てる間に充電を完了させることもできます。

加えて携帯の電源を切って充電すれば、その分早く充電できると思いますよ。

くまてつ的まとめ:旅行・出張用に充電器を購入しておこう。

出張用電源ケーブルをまとめてパック化しよう。

わたしは、月に数度は日帰り出張をします。

また2月に一度は海外を含めて数日間の出張をおこなっています。

その場合、普段使っている充電器を引っこ抜いて、持って行くのは面倒くさいので、出張用の電源ポーチを持っています。

底にはレノボ用の電源アダプターとコード。そしてUSBケーブルとApple用のライトニングケーブル、さらに充電器を入れています。

これさえ持っておけばなんとかなるって安心感は凄いですよ。

参考になればうれしいです。

もし持ち歩き用の充電器を追加購入するならこの製品がおすすめです。

プラグの部分も折りたためますし、iPad純正の充電器とサイズは変わりません。

くまてつでした。


PAGE TOP