飛行機に乗る人にも乗らない人にもお勧め。Bose Quietcomfort 25

2017年3月16日

Bose QuietComfort 25

くまてつです。

唯一無二の存在になると、多少の価格差なんてどうでもよくなるものがこの世には存在するように思えます。

例えばと聞かれれば、真っ先に挙げたいのが、Bose QuietComfort シリーズです。

わたしはQuietComfrot15を所有していますが、これが壊れたら躊躇なく最新のQuietComfortに買い替えるつもりです。

どうしてそこまでこのヘッドホンに惚れこんでいるのかご紹介します。

 

後ろに妻に立たれても気が付かないほどのノイズキャンセリング機能

いやはや要注意です。恐ろしいほどノイズをカットします。

声は100%をカットしませんが、わたしはこのヘッドホンのおかげで妻から呼ばれていることにも、部屋をノックされていることにも気が付かず叱られたことが数度あります。

窓の外の車の音や、風音などはほぼ気にならない程度までカットできていると思います。

集中して物事を行なうときや考え事を行なうときに、わたしを助けてくれる相棒のような存在です。

これさえあれば、飛行機の中でも安眠できます。

airport

持ち運ぶには少し大きなサイズですが、Bose QuietComfortがあるかないかで疲れ方が全く違ってきますので、毎回飛行機に乗るたびに持ち歩いています。

飛行機のエンジン音がまったく聞こえななくなるとうことはありませんが、十分に静かな環境を創り出せます。特にLCCを利用している場合、機内サービスなどはありませんので到着まで気兼ねなく音楽などを楽しみながら過ごせます。

自宅で仕事をする時にも手放せません。

我が家ではわたしがヘッドホンをしているときには話しかけないでというルールがあります。

自室が仕事場である関係上、オンオフの境があいまいですが、quietcomfortを利用することで明確に仕事中であることを示すことができます。

このヘッドホンは掛け心地も悪くないので長時間の使用も問題ありません。

問題の音質は私にとっては大満足!いい音に感じます。

耳が肥えているわけではありませんので、一般論ですがわたしには十分に良い音に聞こえます。

出先ではSONYのイヤホンを利用していますが、比較しても特に問題ありません。

ちなみに私が使用しているイヤホンはSONY XB40EXです。

購入時は結構お高かったように記憶しています。確か5,000円くらいだったと思います。

BOSEも低音重視の設定だと聞きますが、SONYのXBシリーズの方が低音が強調されているように思います。

SONYと比較してのお話ですが、BOSEの方が長時間聞いていも疲れにくく感じます。

唯一の弱点は、電池が切れたらそこでゲームオーバーってこと。

わたしの所有しているBOSE QuietComfortは電源が入っていない状態では使用できません。

それで電池切れするとそこで退場となります。

新型のQuietComfort25は電池が切れてもノイズキャンセリング機能は使えないものの、ヘッドホンとしては利用できますのでさらに便利になっていると思います。

またデザインもすこし洗練されたように思います。

今購入するなら当然新機種の方がお勧めだと思います。

一部新しいものは壊れやすいというレビューも読みましたがBOSEの対応は悪くないですし、保証期間を過ぎてもさほどのコストをかけず修理できるように記憶しています。

わたしのQuietComfort15は原点モデルの茶色Verですがこれがボロボロになったら修理を試してみようと思います。

すでに耳に接する部分はひび割れてきていますから、交換時期なのかもしれませんね。

もし飛行機に頻繁に搭乗するならぜひともお勧めのQuietComfort。

飛行機に乗らない人でも買う価値があるヘッドホンと思います。

3万円オーバーの買い物ですが、試して良かったと思えるはずですので、是非ともお試しください。

くまてつでした。


PAGE TOP